Biography

marco(マーコ)

marco

2016年岡山国際音楽祭エンターテイメントチャレンジ グランプリ受賞。

高校生よりピアノを始める。2011年 1st CDアルバム「牛窓デート」、2013年2nd 「メレンゲパーク」
2017年1月3rd albumとなる「Band Aid Blue バンドエイドブルー」を発売。
4月15日岡山市民会館で単独ライブを成功させ、その日発売した4th album「星屑ノベル」は即完売となった。

2018年4月28日には、松山千春、佐野元春、今井美樹のサポートで知られる名ギタリスト”荒木博司”。
そして京都の伝説的ロックバンド”村八分”や山下達郎の”シュガーベイブ”、沢田研二の”EXOTICS”などで知られる名ドラマー”上原ユカリ裕”らと岡山市民会館で2度目の単独ライブ「Rock ‘n’ Roll High Land」を開催。
その演奏は、今や岡山に残る伝説になっている。

風鈴のように美しく高く澄みわたり、バックの演奏に対してレイドバックさせた歌声が特徴的。
Carole King、Aretha Franklin、Michael Jackson、Céline Dion、邦楽では矢野顕子、今井美樹の歌声に大きな影響を受け、情熱的なアクションがmarcoマーコ独特の表現。

コットンのように心地よく、風のように頬をなでるメロディー、ちょっぴり弱くても挫けないで頑張っているあなたを鼓舞してくれるような曲を作りたい!そんな思いを込めて活動しています。

活動歴

2010年
知り合いのペンションオーナーに誘われ岡山県瀬戸内市牛窓町のライブイベントに出演。
そこで、ギタリスト・ソングライターの小林宏志と出会い、ともに音楽活動を始める。
そこへ、岡山の人気ドラマー舟尾KAZ、陶芸家でありながらジャズベーシストでもある中山dogon茂樹が加わりアルバム制作を始める。
2011年
牛窓町観光協会のバックアップで1st CD「牛窓デート」を制作発売。
優しいコットンのような歌声が評判となり岡山シティーFM「Radio MOMO」番組でアルバム特集、その他ラジオ、テレビ、新聞等で広く紹介される。
2013年
同メンバーにて2ndアルバム「メレンゲパーク」を制作。
女性ならではの可愛らしさや気難しさを表現したソングライティングと、そっと寄り添ってくれるような温かいメロディーで独自の音世界を作り上げる。
2014年
岡山市表町「スリープスムース」にてマンスリーライブを開始。数名のお客さんでスタートするも、1年後には毎回満席(約30名)の状況。現在も続く。
2015年
牛窓ライブクルーズ開催 参加定員200名を超えた為チケット売り止め
RSKラジオ祭りバンド出演。
RSKテレビにも出演、演奏。
岡山県ディスティネーションキャンペーンの一環として全国の観光関係者を招待して牛窓町のリマーニホテル・プールサイドにて演奏。
2016年
ホンダカーズ総社のTVCMに出演とCMソング「夢見るドライブ」を提供
RSKイブニング5時 金曜日エンディング「素直なスープ」提供
おかやま国際音楽祭2016エンターテイメントチャレンジにてグランプリ受賞
2017年
1月 3rdアルバム「バンドエイドブルー」リリース。
ジャンルを超えてアーティスト性を打ち出した本作は、楽曲、ミュージシャンともに高いクオリティーを誇る全14曲の大作。
4月 4曲入りミニアルバム「星屑ノベル」リリース。