マーコ LIVE!! 〜ロックンロール ハイランド〜

マーコ LIVE!! 〜ロックンロール ハイランド〜

2017年「marco Super Acoustic Live」に引き続き、2018年4月、岡山市民会館で2度目のワンマンライブ!!

2018年 4月28日(土) 18:00 岡山市民会館
前売 3000円 当日 3500円 (全席自由)

1月8日より各プレイガイド、チケットぴあ、ローソンチケットより前売り券 発売開始!!

marco マーコ (ボーカル、ピアノ)
2011年 アルバム「牛窓デート」でCDデビュー。優しいコットンのような歌声が評判となり地元テレビ、ラジオ、雑誌等で紹介される。2013年2ndアルバム「メレンゲパーク」発表。女性ならではの可愛さや気難しさを表現したソングライティングと、そっと寄り添ってくれるような温かいメロディーで独自の音世界を作り上げる。2016年 おかやま国際音楽祭エンターテイメントチャレンジにてグランプリを受賞。2017年 ジャンルを超えてアーティスト性を打ち出した全14曲の3rdアルバム「Band Aid Blue」発売。 ホンダカーズ総社の TVCM曲「夢みるドライブ」 RSKイブニング5時金曜日エンディングテーマ「サワーグレープ」 同番組コーナー”ラーメン放浪記”のテーマ「素直なスープ」等収録。 2017年4月 岡山市民会館にてワンマンライブ「Super Acoustic Live」を成功させる。同日発売した4曲入りEP「星屑ノベル」は即日完売。 同年9月、瀬戸内海上の船上でライブを行う「牛窓ライブクルーズ」に出演。満席の観客に向けて、感動的な演奏を繰り広げる。
また、5年前より岡山市内のカフェ(スリープスムース、現在は本町コモンズ)にてワンマンライブを毎月行う。岡山県内外から様々なミュージシャンを招いて創り上げるその音の場は人気を博し、毎回満席となっている。

上原’ユカリ’裕(ドラム)
伝説のロックバンド「村八分」 山下達郎、大貫妙子らの「シュガーベイブ」 ハイ・ファイ・セット、リリィ、大瀧詠一のナイアガラ・レーベル、沢田研二のバンド“EXOTICS”など、70年代から80年代にかけて名だたる日本のロック・バンドを支え続けたドラマー。 一時引退し、90年代後半に復活。その後は、大滝詠一のシングル「幸せな結末」のレコーディング、 忌野清志郎のバンド“ラフィータフィー”のメンバーとして活動。2002年には旧友伊藤銀次とココナツ・バンクを再始動。

マーコ LIVE!! 〜ロックンロール ハイランド〜

荒木博司(ギター)
慶応大学在学中より、プロのギタリストとして活動を始める。ニューエイジミュージックの“喜太郎”をはじめ、数々のレコーディングに参加、スタジオミュージシャンとして、第一線で活躍する。また村下孝蔵、来生たかお、今井美樹等のバックミュージシャンとしても活躍後、帰岡。現在、岡山を中心にマルチポップギタリストとして活動中。表現力豊かな演奏、また音色の美しさに加え、そのユニークでな人柄は、常にファンを楽しませている。

戸田 比絽志(ギター)
15歳でギターを始め、様々なロック、ブルースバンドで活動。作詞・作曲も行う。20代の頃は、戦前ブルース好きが昂じて、度々アメリカ放浪旅行に出かける。神戸のチキンジョージを拠点に東京、大阪のライブハウスで活動後、帰岡。しばらく音楽活動を休止していたが、marcoへの楽曲提供、演奏、CDプロデュースを行ったことを機に再び音楽活動を始める。2018年よりアーティスト名を本名の小林宏志よりプロデューサー名で使っていた戸田比絽志に改める。

高橋ミナコ(キーボード)
4歳からピアノを始め、 山陽女子高等学校ピアノ科卒業 大阪音楽大学音楽学部器楽学科卒業後、音楽教室の講師を務める 現在、ジャズボーカルを主体として活動。 minakobox、高橋ミナコとコモエスターズ、M&Yにてボーカル、 335ハワイアンバンドにてピアノとコーラスを担当

マーコ LIVE!! 〜ロックンロール ハイランド〜

コイケ龍一(カリンバ、パーカッション)
20歳の頃、太鼓に目覚め、アフリカに太鼓修行に行く。タンザニアのリンバに出会う。フクウェ・ザウォセ氏に習う。帰国後、日本でアフリカ文化紹介の活動として、全国で、コンサートを行う。29歳で再度アフリカを目指す。ジンバブウェのムビラに出会う。エファット・ムジュル氏に習う。33歳、ミュージシャンOto氏とムビラトロンを始め現在に至る。

草信泰典(ベース、マンドリン、バンジョー)
2003年 ベースマガジンB1グランプリ優秀賞受賞。2004年ロックバンドSOLDIERS OF FORTUNEでアルバム『FIGHTING TO SURVIVE』をリリース。2016年 Maunalei フラコンペティション2016 Band contest 2位(335 Hawaiian Band) 現在、ヤマハポピュラーミュージックスクールでギター、ベース、ウクレレ講師をしながら多数のグループで活動中。

The following two tabs change content below.

marco

岡山で曲を書いたり歌を歌ったりしています。vibirth、iTunes またYouTubeで「牛窓デート marco」で検索してみてください。